April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

0077便 クリスマスenFrance!

Bonjour!
すっかり寒くなり
街もだんだんとクリスマスモードになってきましたね。

この時期になると
フランスも街中イルミネーションなどで華やいできます。
盛大なイルミネーションにうっとりしてしまいます。
パリはもちろんですが、
フランスでもっとも背の高いクリスマスツリーのあるストラスブールもオススメです。
街の中心にあるツリーは毎年木を伐採して運んでくるため、高さが変わりますがだいたい30m近い高さになるそうです。
さらにその周りにはクリスマスマーケットも出ますので、
フランスのクリスマスの雰囲気が満喫できると思います。
ストラスブール自体はややこじんまりしていますが、
昔ながらの木組みの家が集まった地区や、カテドラル、美術館など見所もあります。
名物はコグロフというパンでしょうか。
クリスマスマーケットをホットワインを飲みながらブラブラするのもいいですね!

0076便 12月のフランス

Bonjour!

明日から師走ですね。

フランスでは至る所でイルミネーションが始まり、

クリスマスの準備のためにクリスマーケットが登場します。

マーケットでは

ツリーに飾るオーナメントや食材、雑貨などや

その場で食べられるクレープやホットワインなどが売られています。

どのお店も電飾でキラキラし、お祭りのような雰囲気です。

パリ市内のクリスマスマーケットは

色々な場所に点在しています。

シャンゼリゼ通り、ノートルダム、ラ・デファンス、東駅などが有名でしょうか。

ぜひパリに行かれる方は足を運んでみてくださいね。


iPhoneImage.png

0075便 Bateaux Parisiens バトー・パリジャン

 

Bonjour!

 

前回の記事で

エッフェル塔のふもとから乗れる

セーヌ川の遊覧クルーズをご紹介しました。

いくつか運航会社がありますが、

ここのはガラス張りの屋内に入れる船なので、

夏でも夜は少し肌寒いパリではありがたいです。

ランチ付きクルーズや、ディナー付きクルーズもありますので、

参考にしてみてください。

 

詳しくお知りになりたい方は

こちらから

↓↓

http://www.bateauxparisiens.com/japanese-new-website.html

 

日本語

↓↓

http://jams-parisfrance.com/info/bateauxparisiens_info/

 

 

ご旅行前の会話は

女性のためのプライベートレッスン

★エコール・フランス★

http://ecole-fr.com/

0074便 セーヌ川クルーズ!

 

Bonjour!

今日は私がParisに行ったらつい必ずしてしまうことをご紹介します。

それは、セーヌ川クルーズ!

クルーズと言っても、

ランチ付きのもの、ディナーつきのものなどプランは色々あるのですが、

最もリーズナブルな、

ただ船に乗ってセーヌ川を周遊するものに乗ります。

乗り場は3か所ほどあり、

エッフェル塔のふもとにある乗り場から乗船すると、

ノートルダムの方まで行き、そこでUターンして同じ場所に帰ってきます。

 

これに乗ると、

エッフェル塔、オルセー美術館、ルーブル美術館、ノートルダムなどなど

セーヌ川沿いの建造物が川の上から眺められます。

夜のライトアップの時に乗るのもおすすめです。

これに乗ると、パリに来た〜〜〜!!!ととても感じることができるので、

つい毎回乗ってしまいます。

食事つきは予約が必要のようですが、

ただの乗船であればその場でチケット(8ユーロ前後)を購入すれば

乗ることができます。

 

ぜひ一度お試しください。

 

 

 

Paris 紅茶の老舗NINA'S

Bonjour!

エコール・フランスのみのです。

本日はパリに行ったら訪れてみたい

老舗の紅茶専門店、【NINA'S】のご紹介です。

店名「ニナス」の由来は、

マリーアントワネットに提供していたケーキ「NINASETTE」 の

レシピを作ったニナ・ディアスだそうです。

最上級の天然のアロマを使用した紅茶を楽しむ

パリの店舗の2階はサロンになっており、ケーキなどと一緒に

紅茶を愉しむことができます。


ヴェルサイユ宮殿の庭園にて、手作業で摘まれる新鮮なリンゴやバラから作られたオリジナル「マリーアントワネット ティー」、「マリーアントワネットケーキ」もこちらでいただけます。

場所:29, Rue Danielle Casanova 75001 Paris

どれもフランスの町

 

Bonjour!

この3枚の写真はどれもフランスの街並みを撮ったものです

 

左から、

リヨン(フランス中央)、アンジェ(北西フランス)、ストラスブール(南東フランス)

南に行くとイタリアの影響を受け、屋根が赤く

アンジェはこの地方でとれるスレートを使うため屋根が青

ストラスブールはこの写真のように昔の木組み様式の家が残っています

つい大きなモニュメントに目が行ってしまいがちですが、

こうした家々の違いを見るのも面白いのではないかと思います

 

 

 

 

<<back|<123>|next>>
pagetop